ハリガネムシについて

ハリガネムシは針金のような見た目なので、ハリガネムシと呼ばれ主にカマキリやカマドウマなどに寄生して体内の中で完全な成虫として成長します。ハリガネムシは食物連鎖の中で強い昆虫に寄生をします。現在、昆虫界の食物連鎖で最強と言われているのはオオスズメバチですがハリガネムシの生態上、空を飛び回るオオスズメバチに寄生するのは難しいので、オオスズメバチの下に付くカマキリに寄生する事が多いです。「カマキリの寄生虫=ハリガネムシ」と思われがちですが、ハリガネムシはカマキリに寄生する前にもある昆虫に寄生するんです。

ハリガネムシの寄生方法

カマキリやカマドウマの体内で成長するハリガネムシですが、実は水中の生物なんです。水中で産卵し孵化したハリガネムシの幼虫は「カワゲラ」や「トビケラ」という水中昆虫に寄生します。そして「カワゲラ」や「トビケラ」を捕食したカマキリにそのまま寄生し、カマキリの体内で極楽生活を過ごします。ハリガネムシが寄生した間の体内ってどんな感じなんでしょうね…。想像しただけで気分が悪いです。カマキリに寄生したハリガネムシは、完全な成虫になるまで体内で過ごし、いよいよ脱出します。

ハリガネムシの脱出方法

無事に成虫になり、もうカマキリに寄生する必要もなくなるとハリガネムシはとある方法で脱出をします。「カマキリのお尻を水に浸けたらハリガネムシが出てきた」という話を聞いた事があるかと思いますが、ではどうやってカマキリを水辺へ連れて行くのでしょうか。それは「洗脳」です。ハリガネムシだけでなく、ほぼ全ての寄生虫が宿主を洗脳(コントロール)して操る事ができます。ハリガネムシもカマキリの脳を洗脳して水辺へ連れて行き、脱出して水中へ帰っていきます。一方、カマキリはというとハリガネムシが脱出する際、カマキリの生殖器から出るのでカマキリは生殖機能を失います。さらに、やっとハリガネムシがいなくなったと思ったらその場で死んでしまいます。人生の全てをハリガネムシに捧げ、死んでしまうんです。改めてハリガネムシって怖いですね。

ハリガネムシは人間にも寄生する!?

ハリガネムシが人間にも寄生する説がネットにも書かれていますが、まずハリガネムシが人間に寄生する事はありません(笑)完全にデタラメです。もし人間の中に入ったとしても、人の体が拒否反応を起こして吐き出すので、安心して下さい